<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

第2弾、旅の報告シリーズ第7話(7月19日)・・・デス!

今日は!
 今日は体調の用心のため、今日のフォークダンスと夜の市民総踊り練習は休むことにしました。
 午前中から、この度の旅でお世話になった方々へのお礼状を書いているところです。
 
 では、第2弾、船旅の友Kさんちでのラストデイの様子報告・・です。
 彼女の家の前でめずらしい花が咲いていたので・・。
f0113862_13425564.jpg

 自分が、中学校時代授業で学び、よく知っている、かの有名な富岡市の富岡製紙工場を訪ねました。
 この旅、見事、世界遺産に登録されたとのことでしたので、申し添えておきます!!
 ここ、富岡製紙工場は明治5年に建設された、日本で最初の民営工場です。
 東西繭倉庫、繰糸場、ブリューナ館、事務局(2,3館)の建造物は、ほぼ、建設当初の状態で残っており、日本の近代化を推し進めた産業遺産として、現在も大切に保存されています。
 
 設計はフランス人バスチャン、木材は妙義山の国有林から、レンガや瓦はブリューナーの指導で焼いた物で、ガラスはフランス製、レンガの目地は漆喰です。
 つまり、日仏合作建造物となりました。
 まずは、表門の前で・・
f0113862_13434252.jpg

 製紙工場が活発におこなわれていた頃を伺わせる広い内部の機会装置の様子。
 当時は電気もなかった時代ですから、日中作業。
 ご覧のように、両サイド天井のそばまで、高く窓ガラスがはってありました。
 今も、勿論、ライトはありませんでしたが、しっかり、明るかったです。
f0113862_13443071.jpg

 中側から眺めたところです。
f0113862_13452731.jpg

 製紙工場の見学を終えての帰りに、何とめずらしいコンニャク畑が広々と広がっていましたので・・。
f0113862_1348924.jpg

 いよいよ夕方、4時過ぎ、名残を惜しみながら、安中榛名駅の前で・・(東京へ向かいました)
f0113862_13495812.jpg

 Kさん、大変お世話になりました。お疲れ様・・デシタ!
そして、東京駅到着デス!
 オー!な、ナント。カッコイイ看板に思わずパチリ!。
f0113862_152256.jpg

 そうです。ユニクロのこの看板の前で、待ち合わせているのは、今日から5泊、東京滞在予定先の娘がまもなく、ここへやってくることになっているのですから・・・。
 やがて、やはり、娘も、かっこよく、現れたので御座います!(ハハハ。エ、娘が、見たいって?ごめんない。許可得てませんので、写真は控えさせていただきますので・・。)
by hirokoxhirokox | 2007-07-30 14:04 | 今日を生きる私 | Comments(8)

第2弾、旅の報告シリーズ、第6話(7月18日)・・デス!

今日は!
 昨夜は8月2日の萩夏まつりでの市民約1000人が街中を総踊りする、「ヨイショコショ」「トコトンヤレ節」に参加するため、浴衣を着てその練習に出かけました。
 
 ところが、その夜から、体調を崩し、今朝、とうとう、お医者さんに行ってきました。
 病名は「膀胱炎」・・だとか。
 やっぱり、長旅の疲れ・・からでしょうか・・。
 頂いた、抗生物質のクスリのおかげで、今は、殆ど回復しましたので・・・。
 で、どうぞ、みなさん、ご心配なく!
 
 さて、17日夕方7時前に東京駅の一つ手前の大宮駅で降り立ち、
 第1弾シリーズ「司馬遼太郎さんの仲間との旅」を終えました。
 Nさんは元気で東京へお帰りでした。お疲れ様ー!
 
 次は、、第2弾の旅の報告シリーズ・・・の始まりでーーーーす。
 (まあまあ、まだまだ、続くんだーーー。ハイ。もうちょっとあるから、飽かずに聞いて下されませ~!)
 今度は群馬県の友、Kさん宅に今晩から19日夕方まで2泊しました。
 彼女とは、4年前、100日間の地球一周の船旅をしたとき以来親しくお付き合いしている友人です。
 JR信越新幹線にて、安中榛名駅で下車。彼女が迎えに来ていました。
 その夜はなつかしく、おしゃべりべり・・でした。
 彼女は、この9月から、再び地球一周予定で、今度は、南極も含まれているとか・・・。
 うらやましーーー限り、デス。
 
 翌日はまず、「どんど晴れ」の仲居さん頭役でご活躍中のあき竹城さんが常連さんと聞く、草津町の民芸品店「地球屋草津」へ車で行きました。
 早速、そこで、気に入った古布の洋服を買いました。
 
 それから、みどり市東町の「星野富弘美術館」へ行きました。
 彼については、大方のみなさんがご存じで、フアンでしょうから、言うまでもないことでしょうが・・。
 彼は事故という一瞬の出来事から、絶望の底にあって、彼を救い上げたのは母の献身的な介護と詩人の言葉であり、信仰であったそうです。
 そして、以来、口に筆をくわえて、ステキナ詩の文字と絵を描きつづけておられるのです。
 彼の作品は勿論ステキですが、前向きに生きようとするステキな詩の数々に感動しっぱなしでした。
 
 まずは駐車場から見た全館・・・です。
 毎日大勢の観光客でいっぱいだそうです。
 みなさん、いかがですか。
 一度訪ねてみられては・・。
 必見で、感動ものですよ!
f0113862_1684841.jpg

 
 では、気に入った詩と絵を少し、紹介しますね!
f0113862_16461693.jpg
f0113862_16474557.jpg
f0113862_16481738.jpg
f0113862_16484969.jpg

 星野さんまでは、彼女の家から数時間かかるので、それこそ、帰ったときは、8時を過ぎていました。Kさん、おつかれさまでした!
by hirokoxhirokox | 2007-07-29 16:49 | 今日を生きる私 | Comments(6)

旅の報告、第5話(7月17日)・・デス!

今日は!
 今日も相変わりませず、暑いですね。
 
 では、今日も旅の報告が終わるまでは・・・、シリーズ、デーース。
 第5話(7月17日)の話題と参りましょう!
 どうぞ、またまた、お聞き、くなんせ~!(あれ・盛岡弁ジャネ!・・ハイーーーッ!)
 
 まずは、安司さんの案内で
 今回は「歩いて楽しむまち盛岡」とあいなりました!
 
 朝、まずは盛岡きてまーーーす!
 てなわけで、駅の前で・・
 どんど盛岡。
 大きい大きい駅でした!
f0113862_163612100.jpg

 まずは歩いて「盛岡小さな博物館」(盛岡市内で生産された製品や生産用具、文献資料)の中で、立花製靴店に入ってみました。
  聞けば、製甲と底付けの両方をこなせる、盛岡で唯一の店。
 しかも、靴を作るための道具や製作工程をパネル展示していて、制作行程を見学出来る・・という店だったのです。
 ジット見ている内に、「記念に自分に合った、オリジナルの靴を!」と・・・、思い切って、自分もNさんもその場で注文しました。
 そのうち、奥様も、笑顔で出てこられて、「私の手作りですから、どうぞ、お持ち帰りください!」・・と佃煮や、きゅうりのつけもの等を3人にいただきました!
 立花様、その節は、大変お世話になりました。
 2ケ月後の仕上がりが今から楽しみです。
 写真は立花さん親子様です。
f0113862_16374148.jpg

 町並みはずっとポールに2つのかわいいお花が鉢植えに並んでいて、花好きな自分にとって、その光景がとても、心地良かったでっす。
f0113862_15564445.jpg

お昼はここで、・・何食べたかって?
 中華風の麺類だったっけ・・・。ウン、ウン、とてもおいしかったデスよ~
f0113862_15583997.jpg

石川啄木新婚の家に行きました。ここで、啄木のカルタを買いました。
f0113862_16462730.jpg

東京駅と同じ設計者が建てられたそうで、そっくりの岩手銀行をご覧下さい。
f0113862_16493879.jpg

啄木・賢治青春館も訪ねました。
f0113862_1622745.jpg

盛岡には、こんなにも立派な先人が・・おどろきです。
 今日あるは、皆様のおかげでーーーす。
f0113862_16543383.jpg

そのほか、南部鉄瓶店・
 南部古代型染店(ここでは、NHKのドラマ「どんど晴れ」の若女将さんのショールはこの店からですよ!といって、それを直に見せて頂きました!)
・郷土玩具店等にも行ってみました。
 時間の許すかぎり、盛岡を・・楽しみました。
 
 かくして、夕方、4時の東北新幹線やまびこで一路東京へ・・。
 郡山で安司さん下車。
 今日まで、お世話下さった彼女との名残惜しいお別れです。
 あなたのおかげで、この度の旅、存分に楽しむ事が出来ました。
 ありがとうございました。
 お疲れ様で御座いました。
 郡山駅ホームの彼女。新幹線内からの撮影です。
f0113862_1719973.jpg

 お疲れの様子を微塵も見せずに、満面のキュートな笑顔でのお別れでした。安さん、ありがとーーーーーー!
by hirokoxhirokox | 2007-07-28 16:35 | 今日を生きる私 | Comments(10)

旅の報告、第4話(7月16日)・・デス!

今晩は!
 飽きもせず、報告の連夜・・です。
 お聞き下さりませーーー!
 
 15日は白河に宿泊。
 16日からの旅もお世話して下さった地元白河にお住まいの安司さん、東京のNさんの3人での旅の始まりです。
 新白河駅で安司さんと合流。
 東北新幹線にて、岩手県の平泉へ向けて出発。
 奥州藤原氏の栄華を訪ねて・・でした。
 毛越寺(もうつうじ)、郷土館、中尊寺、高館義経堂、柳之御所資料館を訪ねました。
 
 ここ、毛越寺は、奥州藤原氏2代基衡によって、造営された、天台宗の別格本山で、山号は医王山です。
 イザ、3人揃って、そろそろと、お参り致しましょうぞ!
f0113862_19242919.jpg

 竜頭の船を浮かべて、歌舞音曲を奏したといわれる、栄華を極めた時代を彷彿とさせる庭園内の池です。
 平安時代の遺跡がほぼ完全に残っており、5月の「曲水の宴」では、遣水を舞台にして、平安時代の貴族の優雅な遊びが再現されます。
 「わらわは、おひめさまではごじゃりませぬぞよ。オホホホ」
 アーラ。ツイ調子にのってごめんあそばせーーー!
f0113862_19533549.jpg

 続いては、奥州藤原氏第一代清衡の造営で、度重なる火災で、創建当初の建物で残っているのは中尊寺の金色堂のみです。
 中尊寺は天台宗東北大本山で、山号は関山です。
 中尊寺金色堂の前で
 金色堂は松尾芭蕉が奥の細道の中で、
「五月雨の 降残してや 光堂」
 と詠んだように光堂ともよばれ、床や天井・壁面なども金箔で飾られています。
f0113862_1585996.jpg

 義経が自害した場所です。(案内塔のスグ右側から石段を登って、左側に少し歩いた所です。登った所は、北上川が眼下に、向こうに束稲山が見えました)
 義経を慕って旅した松尾芭蕉はここを訪れ、悠々と流れる北上川と束稲山を見て、時の移るのも忘れて、涙を流し一句詠んだ、
   夏草や 兵どもが 夢の跡
 で、この瞬間から、高館は、日本人の心の原風景になりました。
f0113862_20205355.jpg

 最後に訪ねたところは星亮一先生のお薦めの地「柳之御所遺跡」でした。
 近年の発掘調査の結果を受けて、平成9年に国指定史跡になりました。
 三代秀衡の頃の遺跡と考えられています。
 資料館には、藤原氏の絶大な勢力を窮わせる中国産の白磁の4耳壺や、国内初の村の印象など、異物が展示されています。
 みなさん、ここも、必見ですよ。
 
 そして、平泉への心を残しながら・・、再び、新幹線で1時間半。
 その夜のお宿は、NHKドラマの舞台となっている、「盛岡市」・・へ到着しました!
f0113862_19481294.jpg

by hirokoxhirokox | 2007-07-27 19:28 | 今日を生きる私 | Comments(12)

3分間クロッキー作品「ステキなレデイー」・・お届けデス!

今日は!
 昨夜はいつものクロッキー教室へでかけました。
 しっかり、旅を楽しんだ分だけ、本気で、取り組みました。
 どれも、3分間でしたが、なぜか、どれも、気に入って、1時間で、なんと14枚も、描けましたので、ちょっと多めにお届けです。 見てね!
f0113862_18444292.jpg
f0113862_18481541.jpg

 見てくださってどうもありがとーーー!

 さて、今日は朝から、私たちの絵の師匠で、安井賞受賞画家、藤崎恒頼先生の作品展が北九州市小倉のリバーウオークで開催中なので、絵画仲間の友人Rさんとお出かけしました。
 さすが、スバラシイ作品群。
 しっかり、勉強させて頂きました。
 
 さて、小倉城の見える場所で、昼食をとりました!
 やはり、この度の旅のせいか、小倉のお城にも、敬意を表して・・・デス!
f0113862_18535241.jpg

 自分の表情が見えないって?・・・それで、それで、・・・いいのです。ハイ。
by hirokoxhirokox | 2007-07-27 18:47 | 最新作品紹介 | Comments(0)

旅の報告、第3話(7月15日)・・デス!

今日は!
 午前中は9月1日「ゆかた会」発表に備えての日舞のお稽古・・でした。
 退職後にはじめたので、以来4年が経過しましたので、結構、回数は踏みましたが・・・、未だに、未熟者ですから・・・、ハイ。
 この春までは、男踊りが主でしたが、今回は、しっとりとした女踊りです。
 はてさて、うまく仕上がりますでしょうか・・・。
 
 さて、今日の旅の報告シリーズ第3話(15日)・・です。
 司馬遼太郎ツアー2日目最後の日です。
 夕べは会津若松ワシントンホテルで1泊。
 朝食後、会津西街道をバスで行くこと1時間で、「大内宿」に到着です。
 ここ、大内宿は戊辰戦争の舞台となったところです。
 それぞれの民芸店に立ち寄って、おみやげを買いました。
f0113862_17385719.jpg

 その後、白河街道を行き、幡宿(白河古関跡の碑・白河神社)を訪ねましたが、生憎の大雨で、駆け込むようにしての観光でした。
 次は、白河ハリストス正教会聖堂を訪ねました。
 大正4年に建立された全国でも珍しい、ビザンチン様式によるギリシャ正教会系の教会で、聖堂にはイコン画家・山下りんの作品がありました。
f0113862_213556.jpg


 会員とは東北新幹線停車駅JR新白河駅での解散・・でした。
 九州での台風による大雨情報で、みなさん、急いでのお帰り・・でした。
 
 その後、当地に残っての観光仲間、数人は、また、また、安司さんのお世話による、地元ボランテイアスタッフによる、白河の街を色々と案内して頂きました。
 特に、奥州関門の名城、「白河小峰城」は昔日の風格そのままに復元されており、圧巻でした。
 戊辰の役で焼失しましたが、平成6年に復元されたものです。
 内部の作りは見事。
 みなさん、必見ですよ。
 
f0113862_17451346.jpg

 石垣の組み方も珍しいので、ご覧下さい。
f0113862_1835353.jpg

 栃木県に入りましたので、パチリ。
f0113862_17463478.jpg

 旧奥州街道県境には「境の明神」が、それぞれの県にありました。
f0113862_17501954.jpg

 かくして、本日は、白河でのお泊まり・・でした。
by hirokoxhirokox | 2007-07-26 18:25 | 今日を生きる私 | Comments(6)

旅の報告、第2話(7月14日)・・デス。

今晩は!
 では、昨夜からスタートした、旅の報告シリーズ第2話・・・です。
 今日は、14日の話題です。
 
 司馬遼太郎記念館交流ツアー
 奥州白河・会津のみち「街道をゆく」に参加しました。
 14日朝、11時に郡山駅に集合の後、バスにて、磐越自動車道を通って、一路、会津若松市へ。
 鶴ケ城跡から藩主松平家墓所へ・・。
 続いて丁寧寺(近藤 勇の墓)、飯盛山:白虎隊士墓 
 以上が14日の観光のスケジュールでした。
 
 まずは、約100名参加のみなさんと、鶴ケ城前でパチリ!
f0113862_20205366.jpg

 かなりの坂道を歩いて登っていったところでの、藩主松平家の墓所にお参りしました!
f0113862_235945100.jpg

 その後、何と、さらに険しい坂道を15分以上登っていった高い所に、近藤勇のお墓がありました。
生憎の雨なので、泥坂をヨイショヨイショと登って・・、もう汗ダクダク、ヘトヘトでしたが・・。
f0113862_20285877.jpg

 飯盛山の白虎隊が自刃した場所です。しっかり、拝ませて頂きました。
f0113862_20304021.jpg


 夜は会津若松ワシントンホテルにて、
 第1部司馬遼太郎記念館 上村館長(司馬さんの奥様の実弟)による特別講演会、
 第2部は会津若松の郷土料理を囲んでの参加者交流会でした。
ではその様子を・・
 乾杯の御発声と「ウエルカムスピーチ」は・・何と、安司さんでした!
f0113862_20404865.jpg

 宴、たけなわの折、「遠く、萩市からいらっしゃった方がおいでです。一言メッセージを」・・・と、急に指名され、汗をふきふき、長州代表に代わりまして、ご挨拶させて頂きました・・。
f0113862_20413725.jpg

by hirokoxhirokox | 2007-07-25 20:52 | 今日を生きる私 | Comments(10)

クロッキー「Kさん」と透明水彩画、お花、「きつねののこぎり」

今晩は!
 今日は、宇部市まで、終日お絵かきでした。
 この度の、長い旅行につき、お絵かきのお勉強を休んでいましたので、今日はまじめに取り組みました。
 では、今日の作品をお届けです。
 まずは、午前中の15分間クロッキー作品「Kさん」です。
f0113862_19533490.jpg

 午後の部の透明水彩画作品お花「きつねののこぎり」です。
 作品はいつもの2時間作品ですが、今日はいまいちでしたが・・・。
f0113862_19551359.jpg

 
 
by hirokoxhirokox | 2007-07-25 19:53 | 最新作品紹介 | Comments(0)

ハロ!みなさん。お待たせしました。12日間の長旅を終え、本日無事帰って参りました。

今晩は!
 7月13日早朝に我が家を出発し、本日24日夕刻、12日間の長旅を終え、本日、無事元気よく、帰って参りました。
 みなさんとの久しぶりの再会です。
 その後、皆々様、お変わりありませんか。
 暑中お見舞い申し上げます。
 
 早速、12日間の旅だよりの報告・・・と参りましょう・・・・か!
 私の旅は、「メイン行事が入って、折角ですから・・」と、いつもながらの変わりばえしない、マイパターンなのでありますが・・・。
 
 初日13日は、14日~の「司馬遼太郎記念館ツアー」に参加するに当たって、前日から出かけ、「郡山市内の史跡探訪」・・・に出かけたのであります。
 まずは、東京駅にて、Nさんと合流。(ちなみに、今日を生きるバリバリの85才のレデイであられますです。ハイ。)自分にとって、生きる目標のお方ですから・・・。
 初めて乗る、2階建ての東北新幹線の前で。
f0113862_23112744.jpg

 
 この度の会の現地のお世話人は、実は自分のブログでも「まごころ手作り食品の送り主」で紹介している、ステキな親友安司さんのお世話によるものです。
 現在、彼女は、星亮一先生主宰の「戊辰戦争研究会」に所属し、白河支部長をしておられます。静御前のお墓の前で3ショット。
f0113862_2312610.jpg

 
 静御前に関する史跡巡りは、やはり、彼女のお世話で、郡山文化協会理事の七海晧奨氏にご案内して頂きました。
f0113862_21485688.jpg

 夜は、彼女のお世話で、「戊辰戦争研究作家としては第1人者であられ、近・現代史の著書も多い作家でご活躍中の星亮一先生、」をお迎えしての懇親会と相成りました。
 星先生の他に、若き文筆家・歴史小説家岡田峰幸氏や七海晧奨氏にもお出会い出来、色々とお勉強させて頂き、楽しい、有意義な一時を過ごさせて、いただきました。
 皆様、その節は、大変お世話様になりました。
f0113862_21494660.jpg

 安司さん、色々とお世話様でした。
by hirokoxhirokox | 2007-07-24 22:03 | 今日を生きる私 | Comments(10)

明日13日から、ちょっと旅してきますので・・ブログしばらくお休みデス。

今日は!
 午前中は日舞のお稽古に行ってきました。
 お師匠さんのお庭で今日の花ゲット!・・でした。
 サンパチェンスです。
 花も柔らかい色ですが、なんだか葉っぱの形にも美しさを感じましたので・・。
f0113862_1391829.jpg

 
 さて、ここで、みなさんへ「ちょっとだけ、ブロブお休み」のお知らせ・・です。
 明日13日からしばらく・・・です。
 メインは福島県での「司馬遼太郎記念館交流ツアー」に参加のためです。
 折角ですから、思い切って、福島から岩手、群馬、東京、横浜・・とウンと旅を楽しんでくることにしました。

 今月第4週目はじめには帰ってくる予定です。
 帰りましたら、とっておきの報告もするつもりですから・・どうぞ、お楽しみに・・・。
 
 みなさん、それまで、「HIROKOHALL2」 忘れないで、待っててねーーー!
 
 では、それまで、皆々様!元気でねーーーー!
 ほんじゃ、まあ、いってきまーーす!!!
by hirokoxhirokox | 2007-07-12 13:20 | 今日を生きる私 | Comments(12)