旅の続きは、川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿を訪ねて・・

今日は!
 今日は朝から、我が家で油彩画3点の制作に没頭。
 今夜もその教室へ行くので・・・、合計10時間以上は頑張ることになるかも・・・。
 なぜか、体力・気力充実・・なのでした。
 
 では、今日も、先日の旅の続きシリーズです。
 ココ、静岡県、河津町は作家、川端康成の「伊豆の踊子」が舞台になったところ。
 しかも、原稿を書き上げたお家「福田家」がすぐそばにあったので、早速、みんなで、訪れてみました。では、その、光景をお届けしましょう。
 河津川のせせらぎや小鳥のさえずりを、聞きながら・・・しずかで、居心地の良いこの場所で、彼は執筆していたのですね。
 ココは、現在も旅館になっていて、宿泊出来ますよ。
f0113862_17361773.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-24 17:37 | 今日を生きる私 | Comments(4)

旅の続きは、息子の祝い事で、横浜から、河津町へ・・・・

今日は!
 午後から、油彩画教室へ、Rさんと出かけ、今、帰ってきました。みなさん、各種展覧会への出品作品が着々と準備されていて、大いに、刺激されました。
 旅の疲れもすっかりとれて、体力も回復したので、今晩は、本気で、作品制作に取り組みたいと意気込んでいるところです。

 さて、今日も、旅の続きシリーズ・・・です。
 今回は、息子の祝い事のため、横浜滞在から、静岡県河津町へと出かけました。
 ここ、河津町では、今、有名な河津さくらが満開で、大勢の花見客で大にぎわいでした。
 このように、河津さくらは、ピンク色が、あざやかで、土手の桜並木は見事でした。
 土手伝いに、町内、何カ所かで、何キロもの河津さくら並木が美しく続いていました。
 また、川縁では、菜の花も満開で、河津さくらに負けないくらい、一面に美しく咲いていて、河津さくらと菜の花の対比の光景は、それは、それは、感動ものでした。
 息子たちのお祝いを祝福してくれているかのような、美しい光景で、しかも、今日は、大安・吉日。
 今日の佳き日。
 息子たち2人にとっても、両家にとっても最高の幸せデーでした。
 では、ご覧下さい。美しい河津さくらのピンク色を・・・。
f0113862_17574261.jpg

 何キロも続いている河津さくらと菜の花の光景を・・・とくとご覧あれ・・・・
f0113862_18225765.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-23 18:14 | 今日を生きる私 | Comments(6)

旅の続きは、まずは、娘の家で・・

今晩は!
 今日もポカポカ陽気なので、午前中は布団干し。
 午後は友人と我が家でお会いした後、天気がいいので、去年のこの頃を思い出し、早速、Oさんを誘って、虎が崎へ「わかめ取り」に行きました。
 収穫は?さっぱり・・・デシタ。
 やはり、むつかしいものでした。
 去年は、大袋いっぱい入るほどの収穫があったのですが、・・。
 そういえば、昨年は前日までの大嵐で、わかめが波打ち際にたくさん打ち寄せていたからなのでした・・・。ハイ。

では、今日も旅の続きシリーズ・・です。
 愛知県の米原駅で仲間と別れた後は、まっすぐ、上京し、娘のお家へいきました。
 家に入ったとたん、何と、我が家から野菜を送った赤カブから、見事な菜の花が咲いていた・・ので、「ア!ここにも菜の花が」っとビックリ。( 2枚目の写真に、偶然に、その様子が写ってるので見てね)
 だって、今回は、司馬さんの「菜の花忌」の会合で、会場は1万本もの菜の花でいっぱいだったからです。
 次に、ラッキーなことに、娘の親友で、プロ写真家で、今、雑誌や本で、大活躍の宮島折恵さんが「娘と自分の2ショット」を撮ってくださることになり、わざわざ、家まで、訪ねて来て下さったのです。
 何と、彼女は、先日お会いしたばかりの「人気作家田辺聖子さんの雑誌記事の写真撮影者」だったのです。早速、その雑誌の記事を拝見させてもらいました。
 娘のおかげで、田辺聖子さんの撮影者なんて・・・偶然にも、ラッキーな写真家にであったなあ・・・と、感謝した次第です。
 宮島折恵さんの今後のますますのご活躍をお祈りしながら・・・・
 彼女が撮影を依頼された雑誌(集英社 COSMOPOLITAN 2003年 5月号より)抜粋して、田辺聖子さんの素敵な笑顔をお届けしましょう。
 何とも、自然な笑顔で、撮影されていて、さすが、名プロだな・・・と感動しました。
 彼女の作品を、自分が、うまく、撮れてないために、皆さんに、紹介するには、ご迷惑とは思いつつ・・・。(2本線、光っているのは、自分の撮影したライトのせいですから・・、悪しからず)
 また、有名作家「内田康夫氏」のご夫妻での世界旅行では彼女が同行され、世界旅行記として、出版された本の中で、旅の様子がたくさん、撮影者として、見事な映像で掲載されていますよ。
 
 素敵な写真家、宮島折恵さんの近影です。この、彼女の撮影者は恥ずかしながら、自分・・・です。とても、チャーミングレデイ・・でした!
f0113862_18473924.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-22 18:36 | 今日を生きる私 | Comments(6)

今朝、東京からのお客さん、無事お帰り・・でした。

今晩は!
 今日は、春のような陽気な一日でした。
 市内、大屋の梅林公園はただ今、満開だとか・・・。
 旅から帰っての翌日から我が家に来られた、東京からのお客さんは、今朝、無事、用事を済まされて、お帰りになりました。
 本当に、熱心に勉強されていて、自分も、協力できる範囲で、市内の要所を案内してあげました。
 とても、喜んで、いただき、ホっとしているところです。
 夜は、友人の手料理で、楽しく、賑やかに、お別れ夕食会・・・でした。
 今朝、2人のお客さんも無事お帰りになりました。
 自分は、終日、宇部市まで、お絵かきデーで、さっき、帰ってきました。

 さて、今日も、旅の思い出報告・・・です。
 NHK大阪ホールを出てから、早速、仲間とレンタカーで、滋賀県の大津方面に出かけました。
 そして、安土城跡、彦根城へと行きました。
 いずれも、いくつもの石段をヨイショヨイショと杖を使って登り、天主跡まで、たどり着く事が出来ました。
 これは、安土城跡で、皆さんご存じの前田利家邸跡で、パチリ。
 羽柴秀吉邸跡はなんと、前田邸のすぐ前にありました。
f0113862_190692.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-21 18:55 | 司馬遼太郎グループ | Comments(2)

「芋たこなんきん」の田辺聖子さんのお話を聞き、大フアンになっちゃいました!

今日は!
 さて、旅の2二日目、12日はNHK大阪ホールでの「第11回菜の花忌」に参加しました。
 司馬遼太郎賞贈賞式の後は、シンポジウム「司馬作品の輝く女たち」では、作家「田辺聖子氏」、作家「出久根達郎氏」、エッセイスト「岸本洋子氏」、のお三方のお話でした。
 司馬さんの会では、おなじみのアナウンサーで、教育テレビ「今日の健康Q&A」でご存知のNHKの古屋和雄氏で、会が進められました。
 このときの様子は3月5日のBSで放送の予定です。
 詳しいことが解り次第お知らせしますね。

 そこで、何と、田辺聖子さんは、司馬さんとは「お兄ちゃん」と呼び合える程の親しい間柄であることも、伺いました。
 彼女の軽妙なさわやかなタッチでのトークが見事で、「さすが今人気の作家だなあ・・・」と聞き惚れて、しまいました。
 彼女って、チャーミングで・・生き方が最高ですね。
 私・・・、彼女の聡明な奥深いトークと、魅力的は考え方、生き方の話に、すっかり聞き惚れて・・・、フアンレター早速だそうと思ったくらいでしたから・・。
 彼女に関する本もこれから是非読んでみたいとおもっているところです。
 
 今回は、司馬さんの本「21世紀に生きる君たちへ」を購入しました。
 我が家、アトリエ興へ訪れる若き皆さん方に、是非、一読願いたいと思ったからです。
 では、大阪城側からみたNHK大阪ホールの全景をお届けしましょう。
f0113862_1225937.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-20 12:26 | 司馬遼太郎グループ | Comments(2)

お待たせしました。9日ブリのみなさんとのココでの再会です!

おはようございます。
 お待たせしました。
 9日ブリのみなさんとのココでの再会です。
 色々な用事を済ませ、昨夜10時に我が家に元気?に無事帰って参りました。
 今朝、午前中は、フォークダンスの予定で、出かけるはずでしたが・・、少々バテ気味なので、体調回復を優先して、お休み・・・しました。
 帰ったら、東京から、珍客到来の依頼が入ってましたので、早速、本日夕方から、我が家も賑わい再開・・・です。
 では、今日は、今回の旅行の中から、小出しにピックアップして、お届けしましょう。
 何しろ、ブログ継続力保持のため、映像は一日1枚に・・・と、努力していますのでね。
 
 初日11日は、12日大阪NHKホールで開催予定の作家司馬遼太郎「第11回菜の花忌」に先だって、参加仲間と、前日大阪市内で出会い、地元の仲間に、彼の作品の大阪市内周辺を案内してもらいました。
 法善寺横町界隈の賑わいです。
 写真すぐ手前は水掛不動さんやその横には夫婦善哉・・で、有名なお店。早速、そこで、おぜんざい、みんなで、おいしくいただきました。
f0113862_11353782.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-19 11:20 | 司馬遼太郎グループ | Comments(6)

おひな様見物と午後youさん・humieさんと我が家で再会

今日は!
 午前中はyouさんと友人3人とで、市内のおひな様見物に出かけました。
 市内の数カ所で、おひな様が飾られているからです。
 自分たちは、菊屋家住宅や久保田家住宅、そして、萩博物館の3ヶ所を訪ねてみました。
 特に、今回は、お殿様の休憩所であった、豪商菊屋家で、江戸時代に飾られたおひな様が、 見つかった・・・ということなので、そこを中心に、見物してきました。
 以前、めずらしいお正月の門松を紹介したお家です。では、紹介しましょう。
 やはり、江戸時代のおひな様・・・という、感じがしますね。
f0113862_1720583.jpg

 街で、昼食中、humieさんから、電話で、用事で萩に来たから・・・と、うれしい、連絡をキャッチ。
 早速、彼女のお帰りに、我が家にきてもらって、久々に友人たちとで、再会実現!・・・でした。
 メデタシ、メデタシ。
      
       ここで、ブログお休みのお知らせ・・・デス。
 
 緒用のため、明日、2月11日(日曜日)から18日(日曜日)まで、8日間、長い旅行にでかけることになりました。
 従って、その間、ブログお休みです。
 19日から、ここで、、再び、皆様にお出会いしたいと存じます。
 それまで、しばらくの間、お別れです。
 どなた様も、どうぞ、お風邪など引かれませんように、お元気でお過ごし下さいませネ。
 私も、今回の旅行では、有意義な毎日が過ごせるように、健康には十分留意して、存分に楽しんできたいと、存じます。
 では・・19日に・・・お目にかかるれる日まで・・・、シーユーアゲイン!
# by hirokoxhirokox | 2007-02-10 17:43 | 今日を生きる私 | Comments(4)

萩・椿原生林を見にyouさんと・・・

今晩は!
 午前中は、美顔の講習会へRさんたちと行ってきました。
 幾つもの歳を経た今も尚、厚かましくも、女性の永遠の美?を求めて・・デス。
 東京の方から専門の講師さんがいらしての講習会。
 最後は、自分自身のお手入れの実践・・・デシタ。
 だから、今日だけは、日頃より、ずっときれい・・・だと思うのですが・・。
 
 終了後、お母さんのお世話で、一ヶ月ぶりに再び帰ってこられた、youさんを誘って、Oさんと共に、とても、良い気分で、椿の原生林へ椿を見に行ってきました。
 到着して見ると、そこはあたり一面に、バッチリ。
 見事な、椿の花*花::花。
 地面に、落ちている椿も、とても、きれいでしたよ!
 みなさんには、もっと、見所を紹介したかったのですが、
    残念ながら、カメラの充電切れで・・・、この1枚しか、とれませんでした。
 でも、これでも、十分、きれいな、椿が想像できますでしょう・・・から。
 では・・
 向かって自分の左側、耳後の木に登っている茶色の動物は猫ですよ!
 ここにいた、3匹の猫も、椿が気に入ったようです。
 そのうちの一匹の黒い猫も左後方のベンチに見えますでしょう。
f0113862_17515868.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-09 17:57 | 今日を生きる私 | Comments(2)

クロッキー「Kさん]

今晩は!
 今日は午後から、雨降り・・・デス。
 恵みの雨・・・でしょうか。
 午後から、家にいて、旅の支度をしました。
 では、昨日のクロッキー[Kさん」をお届けしましょう。見てね。
 この頃は、無駄な線を入れず、一本描きに集中しているところです。
f0113862_18124741.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-08 18:13 | 最新作品紹介 | Comments(3)

透明水彩画「かぶとレモン」

今晩は!
 今、宇部から帰りました。
 午前中は「クロッキー」、午後は透明水彩画「かぶとレモン」を描きました。
 では、2時間で仕上げた、透明水彩画「かぶとレモン」をお届けします。
 なんだか、自分自身の姿を見るようで、恥ずかしくなりますが・・・。
 では、見てね。
f0113862_18114871.jpg

# by hirokoxhirokox | 2007-02-07 18:11 | 最新作品紹介 | Comments(3)